FC2ブログ
福岡にある格安宝石やさんです
2017年01月17日 (火) | 編集 |
急に寒くなりましたね〜(。>(ェ)<。)
私の周りでインフルエンザにかかったとチラホラ声が聞こえてきました。
いよいよこの季節が来ましたね(T_T)
体を温かくして、手洗い、うがい!!
外に出る時はマスクで予防!!
今年もインフルエンザにかかりませんように!!

今月の”真珠のい・ろ・は”・・・
第4回〜あこや真珠の色・カタチ〜
あこや真珠といえば”白くて丸い”というイメージがあると思います。
ですが、真珠を専門に扱っている者からしてみれば”白くて丸い”は当たり前ではありません。

まずは”色”です。
真珠は主にタンパク質とカルシウムの層からできており、これを真珠層といいます。
その真珠層に光があたり内側から出てくる色を干渉色といいます。
真珠層の厚さによって見える色が異なります。


下の写真を御覧ください↓↓
あこや4色
<一番手前の真珠>
皆さんが思い浮かべる真珠の白色だと思います
<左側の真珠>
干渉色がピンク色がみえ全体的にピンク・ホワイトに見えます
<奥の真珠>
”ナチュラルブルー”といってメタリックの水青色の真珠です
<右側の真珠>
輪郭も黄色く干渉色はほんのりピンク色が見えます

光の加減や種類によって見え方が異なります。
一口に「あこや真珠」と言ってもいろんな色があり魅力があります。

次に”カタチ”です。
あこや真珠は主に海で養殖されています。
海は常に波があり揺れています。そんな不安定な環境の中で真珠は育ちます。
安定している環境であれば真珠層が均一に巻ますが不安定だと均一には巻けません。
真珠層の巻き方によりカタチが異なります。

下の写真を御覧ください↓↓
あこや形
真珠の選別をしている時によく見るカタチをピックアップしました。
一番左が丸い真珠でこれを基準にしてみると
頭がとんがっていたり、ウエストがくびれているようにみえたり、お団子みたいにつぶれた丸や
頭がまっすぐだったり個性的なカタチがたくさんです。

このように色やカタチで見た目の印象が違い、
みなさんが思う真珠とはごく一部の選ばれた真珠です。
冠婚葬祭に使われる真珠が高価なのは
数多くの珠の中から大きさ、色、カタチが似ているものを選んで作られているからです。
一つとして同じ真珠はありません。だから可愛く、魅力的なのかもしれません。


いっちゃん堂カレンダー↓
2017 1月店休日
------------------------------------------------------------------

 ジュエリー・アウトレット
“アクセサリー&パール専門店・いっちゃん堂”                          

住所 福岡市博多区博多駅東1丁目1-25 宝ビル1005号
電話 092-402-4442
営業時間 11:30~17:30
 いっちゃん堂地図

メルマガ・Facebookやっています。
登録ぜひお願いします。

■メルマガ登録はこちらからお願いします。
http://admin.prius-pro.jp/m/ichando/user.php?a=1

■Facebookはコチラからお願いします。
facebook







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック